Archive for 5月, 2019

【記者魂134】続・敗戦記・・ジモピーでないハンデは大きい!?

 いったん、終了した「敗戦記」だが、初出馬以来、ずっと思っていたことで書き漏らしたことがあったので、加えることにした。それは、地方選挙は地元出身者、いわゆるジモピーでないことは、大きなハンデとなりうる──ということである

続きを読む »

【約2分で読めます】

【記者魂133】敗戦記(最終回)・・されど政策

 最後は、少々みっともないかもしれないが、負け犬の遠吠えだ。有権者が一番正しいのだから、何を主張したところで、結果が変わる訳ではない。でも、私に限らず、遠吠えしたい人は少なくないだろう。政策に真摯な姿勢で取組み、世のため

続きを読む »

【約6分で読めます】

【記者魂132】敗戦記(4)・・無所属で戦うということ

 今回の選挙は、県議選出馬で政党からのお誘いがあったが、敢えて無所属で市議選に出馬した。あくまでもお誘いは県議選に関してで、市議選の候補としては一切、声はかかっていない。しかし、地元の身近な諸問題を解決するには、保守だリ

続きを読む »

【約5分で読めます】

【記者魂131】敗戦記(3)・・まさかの”30分の1”に激減!

 3回の選挙戦において、私に投じて頂いた有権者の皆様には心より感謝している。1度は当選させて頂いて、思い切り仕事をすることができた。もちろん、期待に添えない部分もあったと思うが、制度を変え、状況を改善させ、感謝されたこと

続きを読む »

【約4分で読めます】

【記者魂130】敗戦記(2)・・お人好しの独り言

私の今回の市川市議会議員選挙における確定得票数は484票である。直近3回の選挙で当落のボーダーが1500票前後であることを踏まえれば、“泡沫”候補の得票数と言っていい。 さすがに、供託金没収の憂き目には遭わなかったものの

続きを読む »

【約6分で読めます】

【記者魂129】敗戦記(1)・・市議になってやりたかったこと

 これまで自分のみならず、選対責任者として臨んだ候補者の選挙に関して、その都度総括したので、今回は立ち直れないくらいの惨敗を喫したからと言って、何も残さない訳にはいかないと思っている。冷静に振り返ることができるようになっ

続きを読む »

【約2分で読めます】