記者魂

【記者魂98】働く女性・子育て世代の代弁者!・・・片岡きょうこ頑張れ!

(1)かたおか

もう1人、今回の市川市議会選挙で応援している候補がいます。片岡きょうこ候補です。 36歳の新人、現在、2歳のお子さんの子育てに奮闘中。活動も子連れで行うなど、本気度が違います。 今回の女性候補者は彼女を除くと、他の候補は

続きを読む »

【1分未満で読めます】

【記者魂97】26歳新人の挑戦!・・・三浦いっせい頑張れ!

(1)みうら

市川市議会選挙も活動できるのは本日が最終、市川市政を良くするために、私は「これぞ1」という候補を応援しています。 三浦いっせい候補は、26歳の若者。私の秘書として支えてくれた好青年で、市川の将来を憂いての出馬です。 硬直

続きを読む »

【1分未満で読めます】

【記者魂96】4年の取り組み・実績が問われる選挙

いよいよ明日から選挙戦が始まる。12日の投開票日に向けて全力投球したい。告示を前に思いを記す。 新人であれば、期待感やそれまでのキャリアから選ばれることになるが、現職である今回は、4年間の取り組み・実績が問われることにな

続きを読む »

【約2分で読めます】

【記者魂95】続・ポテンシャルのある街・・・木更津市長選の応援は大正解!!

_(30)

市長選の告示日だった昨年3月17日、立候補した渡辺芳邦元県議の出陣式を訪れた際、その挨拶を聞いて「当選したら素晴らしい街になるぞ!」と思って、「【記者魂72】ポテンシャルのある街・・・木更津を訪れて」を記したが、今回の記

続きを読む »

【約3分で読めます】

【記者魂94】選挙における”寅さん”・・・「無所属はつらいよ」

若い時分の話になるが、毎年開催されて参加していたイベントに女性を連れてくる友人がいて、それが毎度違う女性であったものだから、その友人はみんなから”寅さん”みたいなヤツだと言われていた。 語るまでもなく、”寅さん”は48シ

続きを読む »

【約4分で読めます】

【記者魂93】記者魂

タイトルの「記者魂」はタグの「記者魂」と打ち間違えたと思う方がいるかもしれないが、決して間違えて記した訳ではない。これから記そうとしていることは、ジャーナリストの端くれだった者にとって、これしかタイトルが付けようがないの

続きを読む »

【約2分で読めます】

【記者魂92】力尽きた”空の第三極”、スカイマークが民事再生法適用を申請

誠治の政界での”第三極”は、昨年、みんなの党は消滅しながらも、暮の維新の党が現有議席の微減で踏みとどまり、依然として存在感を示しているものの、”空の第三極”はそうならかったようである。 新興勢力の

続きを読む »

【約2分で読めます】

【記者魂91】岩盤規制崩すのは容易ではない・・・佐賀知事選で思ったこと

3連休中に行われた佐賀知事選挙、改革派知事の誕生かと当初は思われたものの、結果はその旗手と目された前武雄市長の樋渡啓祐氏が破れ、元総務官僚の山口祥義が当選した。 樋渡氏は自民・公明両党の推薦、対する山口氏は地元の県農政協

続きを読む »

【約2分で読めます】

【記者魂90】有給休暇取得を厳格化、どこまで現場を考えているのか・・・

2、3日前に有給休暇の取得を厳格化するとの報道があった。これを報じた読売新聞によると、通常国会において政府が提出する労働基準法改正案の中で、企業に対して従業員がいつ有給休暇を取得するか時期を指定することを義務づけ、確実に

続きを読む »

【約2分で読めます】

【記者魂89】アベノミクスで歴史的な使命を終えた政党

※ハフィントンポストに以下のコラムが掲載されました。 臨時国会で安倍晋三氏が首班指名を受け、先の総選挙において信が問われたアベノミクスが名実ともに継続されることになった。経済政策に関しては、時計の針が戻ることなく、現政権

続きを読む »

【約5分で読めます】